何度もいやになって、今たのしい、絵を描くということ。

小さいころから絵を描くことが好きでしょっちゅう描いていたのですが、大人になったらだんだん描かなくなっていました。
デザイン系の専門学校に通ったりもしましたが、好きな絵が描けない、描きたくない絵を描かなくてはならないのがストレスで中退・・・。

学校を中退してから、絵を描くことなんか楽しくなくなってしまって、もう描かないのかなと思っていたのですが
なんだかまた描き始めていて、ちょこちょこ家で絵を描いています。
こういう絵を描こう、と思うとうまくいかなくていやになってしまうので、筆をとってなんとなくで描き始めて
いい感じになってくれると楽しくて高揚します。達成感や「これはよく描けたな・・・」などと自分で何度も眺めたりしています。

「これで完成かな?」と思ってら、しばらくして描き足したいものを思いついてしまって、しばらく悩んで
エイヤっ!と描いてしまってそれがわたしの中で正解だととても嬉しいです。
自分の描きたいもの、というのもちょっと違うような、なんだか描いているうちに出来上がってくるものが自分でも不思議だったりして、それが絵の楽しさなのかなぁ、と思いながら明日もきっと絵を描くのかなぁ、と思っています。脱毛ラボ 無料