先カンブリア時代やバージェス鳥獣群のタイミング

先カンブリア時代などについて学業しました。先カンブリア時代が終わると、地球うわべの景況や動物相はいっぺんに現在の容姿に近いものへと変わっていきました。古生代は6つに細分され、最初の現代はカンブリア紀とよばれます。カンブリア紀には、先カンブリア時代後半のエディアカラ動物群とは大きく異なる、かたい殻または骨をもつ多様な動物が現れました。節足動物のなかまのサンヨウチュウ(三葉虫)はそのリーダー体制だ。アノマロカリス(体長約60cm)は他のアニマル(体長数値�p)を捕食していたと考えられています。二枚貝群れ・手足群れ・心中足群れなどの無脊椎動物も現れました。とくにグリーンランドや中国南部、カナダ西部からはカンブリア紀中期の保持の良し豊富な化石郡を産し、バージェス動物群とよばれてある。こういう化石動物群には原生代後半のエディアカラ動物群には認められなかった目新しい品種の動物化石が数多く塞がり、動物が急激にマルチ化したことを示しています。甚だ勉強になりました。楽天 シルキーカバーオイルブロック