宇宙のキャリアの素行について習得をしていました

宇宙のキャリアついて練習しました。14世紀になると旅行技能が進み、星の能率から船の設置を正確に分かるために、さらなる天文学のパワーアップが求められました。その結果、天動説では講評しきれない知らせが数多く出現しました。これらを背景に、16世紀の天文学者コペルニクス(1473〜1543)は宇宙の中心に日があるとやる地動説を唱えました。地動説に因ると、天体のお天道様周行為は地球が自転やるために生まれる流儀の能率であると解釈されました。もっと、惑星の逆行事柄も公転スピードの格差によって起こると考えると非常に容易に講評がつきました。しかし、天体望遠鏡のなかったこの時代に地動説の物証と陥るものは発見されず、ずいぶん支持されませんでした。17世紀のはじめ、ガリレオが望遠鏡による天体観測をし、木星の衛星や金星の満ち欠けなどの地動説に有利な物証を発見しました。このようなことを練習しましたが、知らないことばかりだったので知れて良かったです。