YouTuber界におけるアンチヒーロー

私はYouTuberの動画が好きで、色々なYouTuberを見ます。
有名どころのHIKAKINやはじめしゃちょーも観ますが、特に好きなのはサブカルやクリエイティブな匂いのする瀬戸浩司、そしてシバターというYouTuberです。
シバターは、炎上系YouTuberとして知られ、HIKAKIN著作の本を動画上で燃やすなど(演技)、数々の過激な言動で話題を作り、ファンとそれ以上にアンチも多いYouTuberです。過激系のYouTuberはたくさんいますが、シバターが違うのは、ちゃんとマーケティングとして、自分をブランディングした結果、アンチヒーローを演じていることです。ただただ過激で下品なだけではなく、ある一線を越えるところまでは絶対にやらず、また視聴者を不快にさせるような言動はとりません。芸能界やスポーツや音楽に至るまで、あらゆるジャンルにアンチヒーロー、ヒール役というのは存在しますが、シバターは自ら自分のキャラクターをそこに定め、そこで人気を博し計算して活動しているのです。
それは、彼の言動の中にたまに漂うインテリジェンスさから、多くの視聴者に伝わり、本物のアンチは少ないように思います。
自らアンチヒーローやヒールを買ってでる人に、悪人はいません。自分のイメージが悪くなろうとも、エンターテインメントを提供しているのです。ビジネスをしているのです。私は、アンチヒーローを尊敬します。http://www.intundra.com/

子供たちとはたらく車を見に行ってきました

この前の休日は、子供たちを連れて近所のショッピングセンターの駐車場でやっていた「はたらく車」の展示を見に行ってきました。
工事現場でよく見かける巨大な重機数種類とパトカー、消防車、観光バス、自衛隊のトラック(?)が来ていて、一列に並んでいる姿は壮観でした。
子供たちは特にパトカーがお気に入りのようで、警察官の人たちに優しくしてもらって喜んでいました。
元々義父(夫の父)が警察官だったこともあってありと警察官に対して親しみを持っているのですが、特に下の娘は初めて女性警察官を間近で見たのがよほど印象的だったらしく、今まで将来の夢はプリキュアと言っていたのに、帰宅してからは「プリキュアのおまわりさん」に変わっていました(笑)。
子供が小さいうちは、お金をかけてわざわざ遠くのテーマパークなどに行かなくてもこういう近所のちょっとしたイベントでも十分楽しめますね。
次は住宅展示場のプリキュア&ヒーローショーなんかにも行ってみたいと思っています。湘南美容外科 脱毛 予約 変更